青山でおすすめのバーチャルオフィス

起業や副業が流行になっている背景から、ここ近年でバーチャルオフィスの利用者は増加傾向にあります。低コストで、高いブランド力・ステータスを手に入れることができる都心エリアは特に人気が高く、バーチャルオフィス業者の激戦区になっています。今回は新宿エリアでおすすめのバーチャルオフィス業者をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

青山エリアの特徴

ブランド店が並び、高級感・上品なイメージで知られている青山は、多くの人が憧れを抱く人気エリアとして知られています。
交通の便も抜群に良く、地価や賃料が割高なのにも関わらずオフィスの空室が少ないことが、青山の人気の高さを物語っています。
ファッション系・雑誌系・IT系などの企業が比較的多いエリアでもあるので、これからこういったサービス・事業を展開するのであれば尚良いといえるでしょう。

ユナイテッドオフィス

株式会社ユナイテッド・コンサルティングファームが運営するバーチャルオフィスが「ユナイテッドオフィス」です。
創業16年という高い信頼性と実績があるだけではなく、
宅建取引業の免許や自社物件も保有しています。
利用料金も月額3150円~と、バーチャルオフィス業界の中では比較的コストが低めに設定されているのが特徴です。
別途で3000円の手数料を支払うだけで、法人登記に必要な書類を、作成から申請まで一貫してやってもらうことができる創業支援サービスがついています。
また、青山エリアだけではなく、
中央区銀座、日本橋、港区、虎ノ門、渋谷、南青山、池袋、新宿などのエリアにも拠点を構えているので、必要な際にはすべての拠点の貸会議室をなど1契約で利用することができますので他のエリア拠点の会議室を利用が必要な場合に非常に便利です。
ユナイテッドオフィス担当者いわく今後も拠点を増やしていくとのことでした。
「コスト・リーダーシップ戦略」を掲げているので、コストは抑えながらも充実したオプションサービスを利用することができるので、これから起業を検討されている方には特におすすめです。

ワンストップオフィス

株式会社ワンストップビジネスセンターが運営しているバーチャルオフィスがこちらの「ワンストップオフィス」です。
月額料金は4800円~で、全国各地の会議室が利用できるサービス、郵便転送サービス、書類保管サービスが備わっています。
特徴としては、もしサービスに不満があった場合は「申し込みから30日間以内であれば全額返金してもらうことができる」ことです。
バーチャルオフィスを契約することにちょっと怖さや不安がある方や、まずはバーチャルオフィスがどういうものなのか試してみたい方、地方の登記を行いたい方は、ワンストップオフィスがおすすめです。

カスタマープラス

株式会社カスタマープラスが運営しているバーチャルオフィスがこちらの「カスタマープラス」です。
月額料金は4743円~で、月7回の郵便転送の手数料と切手代が無料になっているので、郵送物のやり取りが多い場合にはおすすめです。
また、契約後に法人口座がもし解説できなかった場合は、サービス登録費用、電話転送前払い金、2か月分の月額料金が返金されるようになっているのも特徴です。
創業支援キャンペーンで初期費用や月額料金が無料になることもあり、自社所有拠点が都内だけで4個所あるので、長期で安心して利用できるのが嬉しいですね。

バーチャルオフィス業者の選び方

青山エリアのバーチャルオフィス業者をご紹介しましたがいかがでしたか。
バーチャルオフィスを契約する際には、料金やエリアだけではなく、バーチャルオフィス業者のサービスや性質が自身にマッチしているのかを確認しておくようにしておきましょう。
事業を円滑に進めるためにも最初の業者選びは失敗したくないところなので、よりスムーズに事業を進めるためにも、調査は分析を万端にしておくようにしましょう。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事