バーチャルオフィスの費用・相場はどのくらい?

起業・副業をスタートする際に、コストを最小限に抑えて都心や繁華街の一等地の住所を手に入れられるということで、起近年人気が高まってきているバーチャルオフィスですが、どのくらいのコストで利用できるのかご存じでしょうか。
もちろんコストは抑えられるのに越したことはありませんが、実はコストに応じてサービスが異なってきます。
バーチャルオフィスを利用する際のコストやサービスをご紹介します。

バーチャルオフィスの費用や相場は?

バーチャルオフィスは住所や一部のオフィスサービスを利用するサービスですが、住所や受けられるサービスによって金額が大きく異なります。
月額制・年額制・都度課金制など、契約の形態も様々です。
同じ業者であってもプランがいくつか分かれていることが多く、受けられるサービスの内容が良いほど料金は高くなってきます。

一般的には、月額換算で4000円~8000円程が費用相場だといわれていますが、中には2000円未満で利用できる格安の業者や、10000円を超えるサポートが充実した業者なども存在します。
バーチャルオフィスを利用する際は、月額10000円未満でスタートできるとして、利用を考えていきましょう。

コストによってどのように内容が変わるのか?

バーチャルオフィスのざっくりとしたコストをご紹介しましたが、それではコストによってどういった違いがあるのでしょうか。
想像していたものと違う、といったことにならないよう、コストに応じた違いをご紹介します。

住所

人気のある一等地であるほど、一般的にコストは高くなってきます。
「都内の一等地にオフィスを構えている」というブランド力は非常に強力なので、地価や賃料が高いところにオフィスを構えているということで箔がつきます。
強いブランド力になればなるほどコストが高くなる、と覚えておきましょう。

オフィス設備・サポート体制

オフィス設備が充実している、利用の際のサポート体制が充実しているほどコストは高くなります。
バーチャルオフィスでは商談の際に会議室を借りる、コピー機などの機器を使用することができるオプションがついていることが多く、中には弁護士や税理士との面談サービスが備わっている業者もいます。
しかし、格安のバーチャルオフィスだと郵送の転送サービスしか対応しておらず、住所の貸し出ししか対応していないということもあります。
「会議室が借りられないとは知らず、クライアントと打ち合わせの予定を入れてしまった」といったことがないように、事前にしっかりと確認しておきましょう。

受付サービス

バーチャルオフィスでも受付スタッフによる来客対応が備わっていることが多いですが、格安の業者だと有人での受付対応がないところがあります。
来客での商談などが無い場合はあまり気にしなくても良いかもしれませんが、受付の対応で会社の本質が問われると考えている方も多くいらっしゃいます。
訪問や商談がいきなり入る可能性もあるので、念のために事前に確認しておきましょう。

コストとサービスは比例する

バーチャルオフィスのコストとサービスの内容をご紹介しましたがいかがでしょうか。
一般的に、コストが高くなればなるほど人気のあるエリアとなり、サポートやサービスが充実するようになっています。
「住所だけ使えれば良い」という方であれば格安の業者でも問題はありませんし、「いざという時のサポートが充実していたほうが良い」という方であれば、少しコストをかけてもサービスが充実している業者を選択するのが良いでしょう。
どちらが良いとは一概には言い切れませんので、どのように事業を進めるか、どのエリアを選択するか、というのをあらかじめ決めておくと業者が選択しやすくなります。
業者の性質が自身にあっているのかをよく確認した上で、バーチャルオフィス業者を選択してみてください。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事