バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いは?

副業や起業の際に人気のある「バーチャルオフィス」「レンタルオフィス」ですが、どういった違いがあるのかを皆さんはご存じでしょうか。
バーチャルオフィスとレンタルオフィスはよく混同されがちですが、それぞれの特徴や違いをご紹介致します。
利用をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

バーチャルオフィスとは何か?

バーチャルオフィスとは実際のオフィスを借りずに、オフィスの住所やオフィスのサービスを利用することができるサービスです。
事業としての登録はレンタルオフィス上の住所で行われておりますが、基本的には自宅で業務を行うのが特徴です。
また、住所だけではなく、必要な際には会議室やオフィスの設備・機器を一時的に借りることもできます。
郵送の転送サービスや電話番号の貸し出しサービスもありますが、基本的には住所を借りるというイメージなので、コストが抑えられるのが特徴です。

レンタルオフィスとは何か?

バーチャルオフィスとレンタルオフィスは内容が似ていますが、レンタルオフィスは実際にオフィスで利用できる自分専用のスペース・デスクが備わっています。
「自分専用の業務スペースがある」というのがレンタルオフィスの最大の特徴です。
オフィス内にあるラウンジなどの施設も他の利用者と共有することができるなど、バーチャルオフィスと比較した際にサポートやサービスが充実していることが多いです。

また、ビジネスのスタートに必要な椅子・デスク・電話回線・インターネット回線などが備わっているので、すぐにスタートができるのも特徴です。
専用のスペースの確保や、バーチャルオフィスよりもサービスが整っている傾向があるため、コストについてはバーチャルオフィスよりも高めに設定されています。
長期で使用すると割高になるパターンもあるので注意が必要です。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスはどちらの方が良いのか?

バーチャルオフィスとレンタルオフィスのどちらが良いという正解はありません。
格安でスタートできるバーチャルオフィスか、割高でもサービスやサポートがより充実したレンタルオフィスを選択するかは自身のスタイルや業務内容に依存する部分が大きくなっています。
「あまりお金をかけたくないな。サポートはあまり求めなくてもいいから、まずは低コストではじめられたら良いかな」ということであればバーチャルオフィスが良いでしょう。
「自分の家にネット回線や電話回線をいれるのは面倒だな。高速のインターネットを使いたいし、設備を整えるのは大変だし、家だとやる気がでないかもしれない」ということであればレンタルオフィスが適しています。
ご自身にあった業務スタイルやコストを考えた際に、どちらの方がより自分に適しているかを照らし合わせた上でじっくりと考えることが大切です。
事前に面談や相談などをおこなっている業者もいるので、悩んだ時にはそういった業者に連絡をとってみるのが良いかもしれません。

バーチャルオフィスもレンタルオフィスもメリット・デメリットがある

バーチャルオフィスもレンタルオフィスも一長一短で、それぞれにメリット・デメリットがあります。
どちらも起業や副業のスタートには人気が高いサービスになっているので、まずはどちらが自分に適しているのか、じっくりと状況を整理してみるのが良いでしょう。
「これからどういう事業を行うのか」
「その事業は家でもできるのか」
「商談などを行う必要がでてくるのか」
などを分析して業者を選定してみてください。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事