個人事業主・フリーランスにはバーチャルオフィスがおすすめ

低コストで利用が可能あることや、起業・副業に最適な条件が充実していることから、ここ数年でバーチャルオフィスを利用する人が増えてきました。
なぜ個人事業主・フリーランスの方におすすめだといえるのでしょうか。
バーチャルオフィスの特徴を含め、詳しくご紹介していきます。

バーチャルオフィスの特徴とは

本題に入る前に、バーチャルオフィスの特徴、概要を簡単にご紹介致します。
バーチャルオフィスとは、実際の賃貸(ビル内のテナントや店舗など)を借りずに、オフィスの住所・サービスを利用することができるサービスのことを指します。
最大の特徴は、「実際の賃貸を借りるよりもコストを抑えられる」ことで、ほとんどの業者が月々数千円程で料金を設定しています。
勿論、住所だけではなく、郵送物の転送サービスや、会議室の利用ができる、といったオプションサービスを提供している業者も多いです。
新規での起業・副業を目的としている方だけではなく、既にフリーランスで活動している方が、活動を活発・本格化させる為に、バーチャルオフィスを利用することもよくあります。

この性質を踏まえた上で、バーチャルオフィスが何故、個人事業主・フリーランスにおすすめできるのかをご紹介していきます。

個人事業主・フリーランスがバーチャルオフィスを利用するメリット

個人事業主・フリーランスの方に、バーチャルオフィスがおすすめできる理由をいくつかご紹介します。

コストを抑えることができる

上記でも少しご紹介しましたが、バーチャルオフィスの最大の特徴は「コストを抑えて利用することができる」ことです。
せっかく事業所を構えても、利益よりも支出の方が多くなってしまうのは本末転倒です。
月々数千円のコストで利用できるバーチャルオフィスであれば、そこまで財務状況を圧迫することもありません。

ブランド力を高める

バーチャルオフィスの多くは都内のオフィス街や、一等地と呼ばれるところに拠点を構えていることが多いです。
「都内の一等地で事業を展開している」、というのは高いステータスとなり、クライアントに与えるイメージだけではなく、提供するサービスや商品のイメージを高めることもあります。

自宅の住所を公開する必要がない

「クライアントに安心感を与えるためにも住所は公開したけれとも、自宅の住所は伏せておきたい」「法人化させたいけど、自宅の住所が使いたくない」と考えている方は非常に多いと思います。
バーチャルオフィスであれば、自宅の住所ではなく、バーチャルオフィスの住所をHPに記載したり、法人登記の際に使うことができます。

オプションサービスを利用できる

多くのバーチャルオフィス業者は、「会議室の貸し出し」「電話番号の貸し出し」「郵便物の転送」などのサービスを提供しています。
商談や打ち合わせの際に会議室を利用したり、クライアントへの連絡の際に固定番号を使うことで安心感を与えることが可能です。
中には「法人登記の書類作成の代行サービス」「税理士やとの面談サービス」などのオプションサービスを提供している業者もいます。

バーチャルオフィスはメリットが多い

個人事業主・フリーランスの方に、バーチャルオフィスがおすすめできる理由をいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか。
活動やサービスをより本格化させる際に、バーチャルオフィスは強い味方になります。
業者によって料金・エリア・オプションサービスなどは異なりますので、ぜひ複数の業者を比較して、自身にあった最適な業者を見つけ出して下さい。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事