銀座でおすすめのバーチャルオフィス

起業の際の住所をどこに設定するかで、会社のブランド力やサービスの印象は大きく変わってきます。
地価や賃料が高い都心の一等地になるほど、ブランド力は強くなってきますが、どういった業者やサービスがあるのかご存じでしょうか。
今回は銀座エリアでおすすめのバーチャルオフィスをいくつかご紹介致しますので、起業をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

銀座エリアの特徴

高級レストラン、高級ブランド店、大企業がずらりと並ぶ銀座エリアは「高級」の象徴として知られており、バーチャルオフィスの中でも特に人気が高いエリアとして知られています。
そのネームバリュー・ブランド力は大きく、「銀座エリアで会社を立ち上げている」ということがステータスとなります。
銀座は歴史があるエリアですが、新しい商材やサービスとも調和するため、相手に与える印象もよくなることでしょう。

ユナイテッドオフィス

創業支援や不動産コンサルなども手掛けている、株式会社ユナイテッド・コンサルティングファームが運営しているバーチャルオフィスが「ユナイテッドオフィス」です。
宅建取引業の免許や自社物件も保有して実績もあり信頼性が高いとの口コミ評判があるようです。
利用料金は月額3150円~で、銀座だけではなく日本橋、虎ノ門、池袋などの都心部の複数拠点で会議室を利用することができます。
また、法人登記や銀行口座開設が可能なだけではなく、3000円の手数料を支払うだけで会社設立手続きの書類作成と申請まで一貫してやってもらうことができるオプションサービスが備わっています。会議室などのスペースも銀座エリア以外で、日本橋、港区、虎ノ門、渋谷、南青山、池袋、新宿などの拠点を構えているので、必要な際にはすべての拠点の貸会議室をなど1契約で利用することができ、他のエリア拠点の会議室を利用が必要な場合に非常に便利です。
今後もユナイテッドオフィス担当者いわく拠点を増やしていくとのことでした。
他社と比べても比較的料金が安く、オプションサービスも充実しており、実績17年という高い信頼性があるので、どの業者にすれば良いかに迷ってしまった時にはユナイテッドオフィスを選べば間違いありません。

Karigo

株式会社Karigoが運営しているバーチャルオフィス「Karigo」は、月額3300円~で利用することができます。
東京都だけではなく、全国エリアで拠点を構えているので、地方拠点が必要な場合にもおすすめです。
保管が義務づけられている「法人本店設置書類」の保管が無料になっていたり、転送電話の転送方式が選択できるようなオプションサービスが揃っています。
また、鍵付きの貸会議室を利用することもできるので、税務調査の対応にも利用することができます。

ワンストップオフィス

株式会社ワンストップビジネスセンターが運営しているバーチャルオフィスが「ワンストップオフィスです」。
郵便転送サービスや書類保管サービスがついていて、月額4,800円~で利用することができます。
銀座エリアはもちろんですが、大阪府、北海道、福岡県など全国に32拠点展開しており、1時間1000円で会議室を利用することができるのがポイントです。
他のバーチャルオフィス業者にはあまりない特徴としては、もしサービスに不満があった場合は「申し込みから30日間以内であれば全額返金」してもらうことができます。
また、20代の方や女性の方だと、初期費用や1ヵ月の基本料が無料になる嬉しい割引がつくのも魅力的です。

バーチャルオフィス業者を選ぶポイントは?

銀座エリアのバーチャルオフィス業者をご紹介しましたがいかがでしたか。
業者ごとに提供しているサービスは異なりますので、料金やエリアだけで選んでしまうのは危険です。
料金が安く、一等地であるのに越したことはありませんが、提供しているオプションサービス、対応スピード、対応のクオリティなどを総合的に見て、自分の性質に合っているのかをしっかりと確認しておくのが良いでしょう。
多くのバーチャルオフィス業者は面談を設けているので、不安なことや気になることがあれば解消できるようにしっかりと質問をしておくのがおすすめです。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事