バーチャルオフィスはクライアントにばれてしまうのか?

低コストかつ、充実したサービスが受けられることから、起業や副業の際にバーチャルオフィスを契約する人が増えています。
メリットが多いバーチャルオフィスですが、バーチャルオフィスを検討している方の中には「クライアントに、バーチャルオフィスだということがばれてほしくない」と感じている方も多くいらっしゃいます。
この記事では、バーチャルオフィスの性質・特性や、バーチャルオフィスがクライアントもばれるパターンなどをご紹介していきます。
バーチャルオフィスのご利用を検討されている方は、是非参考にしてみて下さい。

バーチャルオフィスの性質とは

まず、バーチャルオフィスの性質・特徴についてご紹介します。
バーチャルオフィスは「実際に賃貸を借りなくても、低コストでオフィスの住所・サービスを使うことができる」サービスのことであり、利用される多くの方が、起業や副業を目的としています。
「法人登記の際に自宅の住所を使いたくない」「都内の住所の方のステータスが高い」「クライアントとの商談で会議室を使いたい」など、その理由は様々ですが、いずれにしても、「コストを抑えつつ、なるべく賃貸オフィスを構えた際の、同等のステータスを得たい」といった背景があります。
この性質を踏まえた上で、どのようなケースで、バーチャルオフィスだということがばれてしまうのかを、次項からご紹介します。

バーチャルオフィスであることが、ばれてしまうケースとは?

バーチャルオフィスだということが、クライアントにばれてしまうケースをいくつかご紹介します。

ネットで検索された場合

バーチャルオフィスの住所はネットでも公開されています。
クライアントに住所を伝えた際に、クライアントがその住所をネットで検索した場合は、バーチャルオフィスだということがばれてしまいます。
もし不安であれば、正直に「実はこの住所はバーチャルオフィスで~」で、伝えておいた方が良いかもしれません。

実際に訪問された場合

クライアントの中には、「近くまで来たし挨拶しておこうかな」と、オフィスを訪れる方もいらっしゃいます。
ややイレギュラーかもしれませんが、アポ無しで訪問があった際は、バーチャルオフィスだということがばれてしまいます。
事前に「予定が立て込んでいることが多いので、もしお立ち寄り頂ける場合は、ご連絡を頂けますと幸いです」と連絡しておくのがおすすめです。

バーチャルオフィスの住所でばれる場合

やや珍しいケースではありますが、クライアントが契約している別の業者が、同じバーチャルオフィスを利用しているユーザーだというパターンもあります。
「この住所はA社の住所と同じじゃないか」「なぜこの二社は住所が同じなのか」と、住所が重複していることで、ばれてしまうことがあります。
こちらについても、もし不安であれば、正直にバーチャルオフィスだということを伝えておいた方が良いでしょう。

バーチャルオフィスの住所はばれることがある

バーチャルオフィスの概要や、バーチャルオフィスの住所がクライアントにばれるケースをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?
バーチャルオフィスはその特性上、クライアントに住所がばれてしまう可能性もあります。
クライアントへ良いイメージを与えようとバーチャルオフィスを選んだ結果、かえって不信感を買ってしまった…といったことにならないように、出来る限りの対策はしておくようにしましょう。
もし不安であれば、予めバーチャルオフィスを利用していることを伝えておくのも良いでしょう。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事