池袋でおすすめのバーチャルオフィス

近年の起業や副業がブームになりつつある背景から、低コストで運用できるバーチャルオフィスが人気を集めています。
今回は池袋エリアでおすすめのバーチャルオフィス業者とその特徴をご紹介するので、バーチャルオフィスや起業にご興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

池袋エリアの特徴

国内主要都市の一つとして数えられている池袋とは、ビジネスマンから旅行客まで多くの人が行きかうエリアとして高い人気があります。
交通の便が良いことも魅力の一つですが、近年では再開発の話が活発化してきていることでも人気が高まってきており、地価が高騰しているのにもかかわらず空室率が低いことでも有名です。

ユナイテッドオフィス

創業支援や不動産コンサルなども手掛けている株式会社ユナイテッド・コンサルティングファームが運営しているバーチャルオフィスが「ユナイテッドオフィス」です。
宅建取引業の免許や自社物件も保有して実績もあり信頼性が高いとの口コミ評判があるようです。

池袋だけではなく南青山、渋谷、新宿、日本橋、銀座、虎ノ門といった都心部を中心に拠点を展開していて、1契約でそれぞれのエリアの会議室を利用することができます。
法人登記や銀行口座開設も可能ですが、3000円の手数料を支払えば会社設立に関する書類の作成・申請をすべて任せることができます。
料金も月額3150円~で、他社と比べても比較的が安めに設定されています。
オプションサービスも充実していますし、17年という実績もあり高い信頼性もあるので、バーチャルオフィス業者の中でも高い人気があります。
どの業者にすれば良いかに迷ってしまった時にはユナイテッドオフィスを選ぶのがおすすめです。

ワンストップオフィス

株式会社ワンストップビジネスセンターが運営しているバーチャルオフィスの「ワンストップオフィス」は、郵便転送サービスや書類保管サービスがついていて、月額4,800円~で利用することができます。
関東エリアだけではなく、大阪府、北海道、福岡県などにも拠点を展開していて、1時間1000円で各地の会議室を利用することができます。
また、もしサービスに不満があった場合は「申し込みから30日間以内であれば全額返金」してもらうことができるので、あまり慣れていない方や、契約することに少し抵抗がある方でもはじめやすいのが特徴です。

カスタマープラス

カスタマープラスは、株式会社カスタマープラスが運営しているバーチャルオフィスです。主に都心部を中心に拠点を構えていますが、日本橋と渋谷にある拠点はカスタマープラスの自社ビルになっているので長期利用でも安心です。
月額4743円~で利用することができるのですが、月7回の郵便転送の手数料と切手代が無料になるサービスがあるので、郵送物のやり取りが多い場合にはおすすめです。
また、PCやスマホで簡単に会議室を予約したり、郵便物の履歴管理ができるので、会議室をよく利用する場合や郵便物をこまめに確認する場合にもおすすめの業者です。

バーチャルオフィス業者を選ぶ基準は?

池袋エリアのバーチャルオフィス業者をご紹介しましたがいかがでしたか。
業者を選ぶ基準としては、料金やエリアだけではなくサービスや対応に満足できるかどうかを見るのが良いでしょう。
オプションサービスは勿論ですが、対応スピード、対応のクオリティ、フォロー体制やトラブル時の対応がどうなっているのかを調査した上で、自身に最も合った業者を見極めるようにしましょう。
契約してから「こんなはずじゃなかったのに」「予想していたサービスと違った」といったギャップが生じないように、懸念していることがあればどんなことでもしっかりと聞いておくのがおすすめです。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事