バーチャルオフィスのメリットとデメリットは何か?

起業や副業に際に利用されることが多いバーチャルオフィスですが、皆さんはバーチャルオフィスにどういったメリットやデメリットをご存じでしょうか。
バーチャルオフィスのおさらいも含めて、バーチャルオフィスのメリットとデメリットをご紹介していきます。
業者を選定する際の参考にしてみてください。

バーチャルオフィスの概要のおさらい

バーチャルオフィスのメリットとデメリットをご紹介する前に、まずバーチャルオフィスがどういうものなのかを簡単にご説明します。
バーチャルオフィスとは、実際の店舗を借りずに、オフィスの住所やオフィスの機能を使うことができるサービスのことを指します。
家にいながら仕事をしていても、事業としての登録は都心のオフィス街の住所でされているようなイメージを持って頂ければと思います。
月額換算で数千円程度からはじめられるところもあってスタートしやすいので、事業を立ち上げる方から、ここ近年で高い人気を博しているサービスです。

バーチャルオフィスのメリットとは?

それではバーチャルオフィスには具体的にはどういったメリットがあるのでしょうか。
代表的なメリットをいくつかご紹介します。

コストが安い

実際のオフィスビルや店舗を借りると毎月数万円・数十万円という賃料が発生します。
バーチャルオフィスにも月額で費用が発生しますが、月額数千円で契約できるところが多いのが特徴です。
敷金・礼金なども発生しませんし、光熱費や消耗品に関する支出もありません。
イニシャルコスト・ランニングコストともに抑えられるので、低リスクで運営できるのが最大のメリットといえるでしょう。

オフィス設備やオフィス機器が使用できる

バーチャルオフィスでも実際にオフィスの会議室などを使用することができます。
クライアントと直接会う必要がある際にはバーチャルオフィスの会議室やミーティングルームを使用することができます。
プレゼンテーションを行う際のプロジェクターやなどを利用することもできます。
住所だけ借りる訳ではなく、一時的にオフィスとしても利用できるのは大きなメリットだといえるでしょう。

電話番号貸しサービスや郵送物の転送サービスが整っている

「事業として携帯電話の番号や自宅の番号だとちょっと格好がつかない」というお悩みを持っている方もいらっしゃるかと思います。
バーチャルオフィスでは電話番号の貸しサービスもあるので、固定番号を使用することが可能です。
郵送物についても転送サービスがあるので、会社宛に届いた荷物やハガキなどは自宅に届くようになっています。
住所だけではなく、こういった細かいサービスも整っているのがバーチャルオフィスのポイントです。
ただし、本人限定受取郵便などについては受け取りができない場合があるので注意が必要です。

バーチャルオフィスのデメリットとは?

起業する際にメリットが多いバーチャルオフィスですが、逆にどういったデメリットがあるのでしょうか。
代表的なものをいくつかご紹介します。

住所が重複してしまう

バーチャルオフィスは複数の方が利用しているので、他の利用者の方と住所が被ることはどうしても避けられません。
メールの文面にバーチャルオフィスの住所を記載していたり、商談がバーチャルオフィス上の住所でおこなわれると、相手の方が事前にその住所を検索することも考えられます。
その際に「住所で検索したら他の会社の名前が出てきたけど大丈夫かな」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
住所の重複はバーチャルオフィスの性質上避けることができないので、注意点として覚えておいてください。

利用できない業種がある

バーチャルオフィスでは審査がありますが、有料職業紹介事業、仕業、金融商品取引業者などはバーチャルオフィスの利用ができないことがあります。
起業の際にバーチャルオフィスを使用することを検討されている方は、事前にしっかりと確認をしておくのが良いでしょう。

バーチャルオフィスは起業に最適

低コスト・低リスクのバーチャルオフィスは起業や副業に最適です。
メリット・デメリットを踏まえた上で、業者ごとの住所や費用などを比較して、ぜひご自身にあったものを選択してください。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事