バーチャルオフィスは地方にもある?地方のバーチャルオフィスのメリットとは?

低コストかつ、メリットが多いことから、バーチャルオフィスを活用して起業・副業をスタートする人が増えてきました。
バーチャルオフィスと聞くと、新宿や銀座といった都内の一等地のイメージが強いですが、地方にもバーチャルオフィスは存在するのでしょうか。
地方のバーチャルオフィスのエリアや、メリットをご紹介していきますので、バーチャルオフィスにご興味がある方は、是非参考にしてみて下さい。

地方のバーチャルオフィスのエリアは?

北海道、大阪、福岡などの大都市エリアを中心に、バーチャルオフィスは拡大しつつありますが、その勢いは地方エリアにも及びます。
具体的には、青森、秋田、山形、福島、茨城、群馬、栃木、山梨、新潟、富山、福井、石川、長野、静岡、岐阜、三重、滋賀、奈良、和歌山などが挙げられます。
地方の活性化を目的として、オフィスを地方に構えるための後押しを国や自治体が支援している背景があります。
また、地方に特化しているバーチャルオフィス業者だけではなく、全国エリア、東日本エリア、西日本エリア、など、エリアに特化して展開している業者も存在します。
もし、出張なども視野にいれている場合は、幅広いエリアで展開している業者を選ぶのが良いかもしれません。

地方のバーチャルオフィスのメリットは?

地方のバーチャルのメリットの中で、代表的な事例をいくつかご紹介します。

連携の取りやすさ

地方にお住まいの方が、遠方である都心部のバーチャルオフィスを利用すると、連携が取りにくい、郵送物の転送に時間がかかる、といったデメリットが存在します。
連携が取りやすさ、距離的な安心感、郵送物の転送スピードなどを踏まえると、近郊のバーチャルオフィスの方が良いとされることもあります。

地方の会議室として使える

クライアントに地方が多く、クライアントが多いエリアで会議室を確保したい、クライアントに安心感を与えたい、という場合には、エリアを選定してバーチャルオフィスを契約するのも良いでしょう。
多くのバーチャルは会議室を提供しているので、商談や打ち合わせの際に活躍することでしょう。
ただし、格安のバーチャルオフィス業者の場合は、住所や郵送物の転送サービスのみ提供している…といったパターンもあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

地方でもバーチャルオフィスは活躍する

地方エリアにおけるバーチャルオフィスのエリアや、利用するメリットをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか。
地方オフィスを構えることができる、会議室を活用することができる、クライアントに安心感を与えることができる、近郊の業者であれば連携や取りやすい…など、地方エリアでバーチャルオフィスを構えるメリットは多数あります。
起業をスタートする人が多いことから、バーチャルオフィス業者も多くなってきましたが、契約する際には複数の業者に問い合わせ、しっかりと比較してから契約することをお勧めします。
エリアや料金だけではなく、会議室が利用できるか、オプションサービスは充実しているか、評判は良いか、どういったエリアに事務所を展開しているか…など、情報収集を行ってから選定するようにしましょう。
「こんなはずじゃなかった…」「想像していたものと違った」といった、ミスマッチがないように、最高のスタートダッシュがきれるように、リサーチは万全にしておきましょう。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事