セカンドライフでの起業にはバーチャルオフィスがおすすめ!

低コストであるのにも関わらず、必要に応じてオフィスの機能を利用することができるバーチャルオフィスの需要が高まっています。
若年のフリーランスの方や、個人事業主の方が法人化の為に利用するだけではなく、定年を迎えたシニア世代の方にも、バーチャルオフィスはおすすめです。
世界保健機関では65歳以上の方が「高齢者」と定義されていますが、平均寿命が長くなっている背景もあり、多くの65歳以上の方でも活発に活動しています。
バーチャルオフィスの性質と併せ、なぜシニア起業の際にバーチャルオフィスが最適なのかをご紹介しています。
定年後に起業をお考えの方や、セカンドライフをどのように過ごそうかお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。

バーチャルオフィスの特徴とは

本題に入る前に、バーチャルオフィスがどういったものなのかを簡単にご紹介します。
バーチャルオフィスとは、賃貸を借りずに、オフィスの住所やオフィス機能を、一時的・部分的に利用することができるサービスのことを指します。
月額で数万円のコストが発生する賃貸とは異なり、バーチャルオフィスは月額数千円程で利用することができるので、経済的だと言えます。
もちろん、法人登記の際の住所をバーチャルオフィス上の住所にすることもできますし、郵送物の転送サービスや、会議室や固定電話の番号貸し出しといった、サービスを利用することもできます。

シニア起業になぜバーチャルオフィスがおすすめなのか?

シニア起業の際に、バーチャルオフィスがおすすめできる理由をご紹介します。

経験を活かすことができる

シニア起業の最大の特徴は、長年にわたって培ってきた経験を活かすことができることです。
成功のノウハウだけではなく、「こうすることで失敗しやすい」といった、危機管理能力も備わっています。
また、今まで築いてきた人脈などを活かし、事業のスタートを潤滑なものにすることができるのも特徴の一つです。
シニア起業の際に、「大会社にしたい」と考える方は少ない傾向がある為、少数・小規模で利用できるバーチャルオフィスは、その特性にマッチしていると言えるでしょう。

体力・精神的・時間に余裕ができる

実際にオフィスや店舗を構えると、電車や車で通勤をしなければなりません。
満員電車は精神的・肉体的にも辛いものがありますし、移動時間もかかるので、時間を無駄に過ごしてしまうことを危惧している方も多くいらっしゃいます。
しかし、バーチャルオフィスであれば、主な仕事場が自宅になる為、そういったストレスを感じることはありません。
体力や時間に余裕を持ちながら、自宅で事業を進めることができるのは、バーチャルオフィスを活かしたシニア起業の大きなメリットだと言えるでしょう。

登記の際に住所がばれることがない

シニア起業を検討している方の多くは、家庭を築き、所帯をお持ちの方が多いです。
「起業はしてみたいけれども、家族にも迷惑がかかるから自宅の住所は使いたくない…」と、お考えの方は多いかと思いますが、バーチャルオフィスであれば、自宅の住所を使わずに法人登記を行うことができます。
ご家族への負担を減らしたい、ということであれば、バーチャルオフィスはシニア起業に最適だと言えます。

バーチャルオフィスはシニア起業に最適

バーチャルオフィスを若年層の方だけではなく、シニアの方にもおすすめできる理由をご紹介しましたが、いかがでしたか。
シニア起業は、その性質から規模が比較的小さくなることが多い為、バーチャルオフィスには最適な要素が詰まっています。
業者ごとに料金やサービスは異なるので、まずは複数の業者の情報をチェックして、自身に合った最適な業者を選択するのが良いでしょう。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事