バーチャルオフィスはどのように選べば良いのか?

起業・副業の際に、低コストで利用することができる、バーチャルオフィスの需要が高まっています。
バーチャルオフィスの業者、エリア、サービスは多岐に渡るので、どういった業者と契約すれば良いのか、悩ましいところでもあります。
バーチャルオフィスの特徴や、バーチャルオフィス業者をどのように選べば良いのか、などをご紹介していきます。
これから起業・副業をお考えの方や、バーチャルオフィスのご利用を検討されている方は、是非参考にしてみて下さい。

バーチャルオフィスの特徴

まず、バーチャルオフィスの特徴やメリットについて、簡単にご紹介致します。
バーチャルオフィスは、実際の賃貸を借りずに、仮想の住所を借りることができるサービスで、起業や副業の際に活用されることが非常に多いです。
郵送物の転送サービスや、会議室の貸し出しサービスなどを提供している業者は非常に多いですが、中には、固定の電話番号の貸し出しサービスや、法人登記の書類作成代行サービス、税理士との面談といった、オプションサービスがついているところもあります。
高い賃貸料金を支払う必要もなく、月に数千円のコストを支払うだけで、都内の一等地の住所を使用することができるので、高いステータスを得ることができるのもメリットだといえるでしょう。

バーチャルオフィス業者の選び方

バーチャルオフィス業者の選ぶ上で、重要な要素をいくつかをご紹介致します。

料金

なるべく、毎月の出資は抑えたいところ。
バーチャルオフィス業者を選定する上で、料金は大切な要素となります。
ただし、料金の安さを強みとしている業者は、サポート体制やオプションサービスが充実していないこともあるので、注意しておきましょう。

サービス

最も重要になってくるが、提供されているサービスでしょう。
会議室の利用ができるか、固定の電話番号の貸し出しはあるか、郵送物の転送サービスはあるのか…といった部分を確認しておきましょう。
契約後に、必要だったサービスが提供されていなくて困っている…といったことがないように、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

エリア

起業やサービスのブランド力に関わってくるのが、バーチャルオフィスのエリアです。
一般的に、都内の一等地になればなるほど、支払う料金が高くなってきます。
そこまでエリアにこだわらない方や、サービスを重視される方は、エリアはあまり気にしなくても良いかもしれません。
ただし、会議室を利用して打ち合わせを行うことを想定している場合は、なるべくアクセスの良いエリアを選択するのが良いでしょう。
また、都内の一等地だけではなく、クライアントが多いエリアをバーチャルオフィスのエリアに設定すれば、クライアントに安心感を与えることができます。
もし、関西圏のクライアントが多い場合は、関東のバーチャルオフィスではなく、大阪や京都のバーチャルオフィスを契約するのも、良いかもしれません。

対応力・サポート力

トラブルにあった際などに、迅速に対応できる業者を選択するのが良いでしょう。
ネット上で、業者の評判や口コミなどを確認しておきましょう。
料金やエリアがいくら魅力的であっても、業者の対応・態度が良くなかったり、連絡がつきにくい業者などは避けておいた方が良いでしょう。

業者と契約する前に比較検討をしておく

バーチャルオフィスはメリットが多い反面、多くの業者・サービスが存在しています。
どの業者を選択するのか、悩ましい問題になってくるので、一社だけに絞らず、業者を幅広く比較検討してみるのがおすすめです。
料金やエリアだけではなく、サービスやサポート力など総合的に見て、もっとも自分に合った業者を選択するようにしてみて下さい。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事