副業の際にバーチャルオフィスを利用した方が良い理由とは?

起業や副業の際に、バーチャルオフィスが活用する人が増えてきました。
なぜ、副業の際にバーチャルオフィスを利用した方が良いのか、バーチャルオフィスを利用する上で気をつけておくべきことはなにか、詳しく解説していきます。
バーチャルオフィスを検討している方や、これから副業を検討している方は、是非参考にしてみて下さい。

バーチャルオフィスが副業に適している理由とは?

バーチャルオフィスと副業の相性が良い理由として、代表的なものをいくつかご紹介します。

自宅の住所を公開しなくて良い

副業を検討している方の中には、「名刺に自宅の住所を記載したくない」「HPに自宅の住所を載せたくない」「自宅にDMがきたり、トラブルがあった時に誰か来るのが怖い」と、考えている方が多くいらっしゃいます。
通販サイトなどの販売に関する副業を実施する場合は、「特定商取引法に基づく表記」により、運営者の名前、住所、連絡先などを、HPに記載しなれければいけませんが、バーチャルオフィスであれば、バーチャルオフィス上の住所をHPに記載することができます。
また、不審なDMが届いたり、トラブルがあった際に自宅を訪問される、といった心配がありません。
自宅の住所を公開することで発生する、様々なトラブル・リスクを回避することができるのはメリットだと言えるでしょう。

サービスや商品のイメージを高める

バーチャルオフィスは、都内の一等地の住所を利用することができます。
商材やサービスにもよりますが、「都内の一等地でサービスを運営している」というイメージが与える影響力は大きいので、クライアントに良い印象を与えることが期待できます。
また、固定番号の貸し出しサービスがあったり、必要な際には会議室を活用することも可能です。
サービスや商材のブランド力を高めたり、クライアントにプラスのイメージを与えるための付加価値として、バーチャルオフィスは非常に有効だといえるでしょう。

低コストで利用できる

副業をはじめるにあたって、なるべく余計な支出は減らしたいものです。
副業の最優先課題は、利益を向上させ、余計な支出を減らすことです。
実際の賃貸を利用すれば、月額で数万円~数十万円の支出となりますが、バーチャルオフィスの利用料は月額数千円の業者がほとんどです。
料金的に大きな痛手になることもなく、スタートの敷居が低いのが、バーチャルオフィスのメリットだと言えるでしょう。

ただし、料金の安さを強調している業者の中には、郵送物の転送サービスがついていなかったり、サポート体制が充実していない…といった業者もいるので、契約前にしっかりと確認しておく必要があります。

バーチャルオフィスを利用する上での注意点

バーチャルオフィスを利用して副業を行う上で、注意しておくことは下記の二点です。

会社や組織の規定に反していないか

公務員や一部の会社は、規定により副業が禁止されています。
バーチャルオフィスを契約する際は審査がありますが、まずは副業がOKなのか、何かしらの規定に反していないのかを、確認しておくようにしましょう。

バーチャルオフィスに適していないサービスではないか

せどりや、通販サイトなどを活用した販売であれば、特に問題はないのですが、税理士などの士業や、古物の取り扱い・販売はバーチャルオフィスを利用することができない場合があります。
副業の内容が、バーチャルオフィスを利用できるものなのかを、事前に確認しておくようにしましょう。

バーチャルオフィスは副業に最適

副業をスタートする際や、サービスを本格化させる際に、バーチャルオフィスは大いに活用することができます。
業者ごとにサービスや料金は様々ですので、まずは業者をいくつかピックアップして、最適な業者を選択してみるのがおすすめです。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事