バーチャルオフィスとシェアオフィスの違いとは?どちらを選ぶのが良いのか?

起業や副業の際に、バーチャルオフィスやシェアオフィスを利用する人が増えてきました。
バーチャルオフィスもシェアオフィスも一般的には馴染みがない言葉なので、具体的にどういったサービスなのかを詳しく把握されていない方も多いのではないでしょうか。
この記事では、バーチャルオフィスとシェアオフィスのそれぞれの特徴やメリットをご紹介すると共に、どのような違いがあるのかを分かりやすくご紹介していきます。
これから起業・副業をお考えの方や、バーチャルオフィスについてより詳しく知りたい方は、是非ご参考下さい。

バーチャルオフィスの詳細・特徴とは

バーチャルオフィスは、「実際のテナントを借りずに、自宅にいながらオフィスの住所・サービスを利用することができる」サービスです。
どのような特徴・メリットがあるのかをご紹介致します。

コストが抑えられる

バーチャルオフィスの最大のメリットは、低コストで利用できることです。
業者が提供しているバーチャルオフィス上の住所やオプションサービスによって金額は異なりますが、月額数千円程で利用できるところがほとんどです。
オフィス内のテナントを普通に借りると、月額数十万円かかることが想定されるので、コストが格段に抑えられるのが特徴として挙げられます。

プライバシーが保護される

起業や副業を検討している方の中には、「自宅の住所はなるべく公開したくない」と考えている方が多くいます。
バーチャルオフィスを利用する場合は、バーチャルオフィス上の住所を発信・公開することになるので、住所を発信・公開するリスクを回避することが可能です。
もちろん、バーチャルオフィス上の住所で法人登記も可能となっています。

必要な際にはオフィスの機能を利用することができる

バーチャルオフィスは住所の利用や郵便物の転送サービスだけではなく、必要な際には会議室や固定電話番号の貸し出しといったオプションサービスを利用することが可能です。
他にも電話受付・来客対応の代行サービス、法人登記の代行サービス、税理士との面談サービスなど、様々なサービスが業者ごとに提供されています。

シェアオフィスの詳細・特徴とは

シェアオフィスは、「実在する仕事場を、複数人が共用で利用する」サービスです。
どのような特徴・メリットがあるのかをご紹介致します。

作業・業務スペースが確保できる

シェアオフィスはバーチャルオフィスと異なり、実在するスペースを利用するサービスです。
「自宅だと電波が不安定で…」「自宅やカフェだと騒音が気になって集中できない」といった場合には、シェアオフィスは活躍してくれることでしょう。
ただし、他の利用者同士の会話や、キーボードの音は当然聞こえてくるので、無音に近い環境ではないことは覚えておいた方が良いでしょう。

人との出会いがある

シェアオフィスは様々な業界・業種・年齢層の人が集まっています。
様々な人と話すことで情報の交換ができたり、時にはアドバイスを受けたりすることで、事業の発展に繋がることもあります。
「周りに誰かいた方が安心できる」「一人だとモチベーションが上がらない」といった場合は、シェアオフィスを利用した方が良いでしょう。

バーチャルオフィスとシェアオフィスの特徴を見極める

バーチャルオフィスやシェアオフィスは起業・副業の際に非常に便利ですが、サービス内容は全く異なります。
「バーチャルオフィスでは人との交流ができなかった」「シェアオフィスの料金が思っていたよりも高かった」といったことがないように、どちらの方が自分に適しているのかを見極めることが大切です。
料金だけではなく、オプションサービスも業者によって異なりますので、まずは業者を比較してみるのがおすすめです。

これを見ればぴったりのバーチャルオフィスがすぐに見つかる!
バーチャルオフィスを比較し、ランキング形式で大公開しています!各バーチャルオフィスの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力あるバーチャルオフィスばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのバーチャルオフィスが見つかります。
おすすめの記事